FC2ブログ
プロフィール

topeeche

Author:topeeche
FC2ブログへようこそ!
 南の島に住んでいた頃1日が25時間ありそうないきおいで、ブログを始めました。今は南の島に住んではいませんが、自分自身のルーツは南の島なので、タイトルはこのままでぼちぼち更新していきたいと思っています。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

南の島から~くじらのかたち~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴女でない私

みなさん こんばんは。

今日は日曜日。いかがお過ごしでしたか? 

久しぶりに天気が晴れました。

昨日の芳しい香りは何だったのか、散策に行きました。

植物(木)に詳しくないので、分からず仕舞いでしたが、

銀木犀か金木犀?

えっ、季節が違う?

この島では春にコスモスが咲いているくらいなので、

ありかなぁ・・・とぶつぶつ思いながら歩きました。



歴史小説がマイブームです。


最近は、「 太閤記 」 と 「 巧妙が辻 」 を読みました。

豊臣秀吉の小説はいくつか読んでいますし、

その生涯はあまりにも有名でドラマにもたくさんなっています。

あまり目新しくはなかったのですが、「 人たらし 」 といわれた

秀吉の人物の描き方が巧みだなぁと思いました。


「 巧妙が辻 」 は山内一豊の妻が主人公の小説です。

暖かい夫婦追従ものかと思って読み進めていったら、

最期が思わぬ結果でした。

知らなかった歴史の一コマが分かり、

うれしいような・・・知らない方が良かったような・・・。

複雑な心境でした。


で、今日は某テレビ局の歴史ドラマが放映される日です。

このドラマを視聴していて、時々ストーリーに違和感を感じることがあります。

これは・・・歴女といわれているみなさんはどう思っているのか知りたいです。

しかし、お茶々様を演じる宮沢りえちゃんが大好きで、ついつい見てしまいます。

実に可憐で思慮深いお茶々様です。


以前、香川照之さんが秀吉を好演していましたが、

今回の岸谷五郎さんの秀吉も上手いと思って見ています。


今日のストーリーは秀吉の好色な面を押し出さず、

人たらしで人の心を掴むことが上手かった秀吉だったら

親の敵と目して、心が頑なだった高貴なお姫様の心をどうやって解かして掴んだか、

といった面から捉えており、さもありなん、という展開になっておりました。

その部分は非常に納得。



でも実際のお茶々様は・・・

数々の小説やドラマの中で描かれていますが、

お市の方ゆずりの美貌はあったけど、

聡明さはあまり受け継がず、

秀吉の権力になびいたように描かれていることが多く、

そちらの説に私も賛同します。


このドラマ、脇を固める俳優さんの演技が上手くてついつい見てしまいます。

寧々役の大竹しのぶさんも、 歴史の中からでてきたようにピッタリです。

これでストーリーがもっと私好みだったらなぁ・・・。


あっ でも私は歴女ではないですよ!

今、歴史小説がマイブームなだけです。


すみません。くだらない話で・・・。



thank you




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://swan0509.blog79.fc2.com/tb.php/47-4f824031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。