FC2ブログ
プロフィール

topeeche

Author:topeeche
FC2ブログへようこそ!
 南の島に住んでいた頃1日が25時間ありそうないきおいで、ブログを始めました。今は南の島に住んではいませんが、自分自身のルーツは南の島なので、タイトルはこのままでぼちぼち更新していきたいと思っています。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

南の島から~くじらのかたち~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学駅伝から学んだこと
みなさん こんにちは。

いい天気ですね~。


箱根駅伝の感動から約4週間。

集めた雑誌も6冊になりました。

あと2冊収集する予定です。


昨日一昨日と Number Du とNumber

とう雑誌をゲットしました。

Numberは 4チームの主将と酒井監督の記事があり

すごく啓太選手のことを理解して書いてくださっていて 嬉しかった。

ちょっと引用

  初めての山上がりを前に「不安はない」と気丈に振る舞っていた設楽だが、

 優勝翌日、こう本音をもらした。
  
  「正直 怖かったです(笑)」 (中略)

  駅伝で勝つにはエースの活躍は絶対条件だ。しかし10人で戦う箱根は、

 出雲や全日本と比べると、エースの走りが全体のタイムに影響を及ぼす割合はもっとも低い。

 したがって箱根では エースは早く走るだけでは足りないのだ。

  他の9人をいかに鼓舞できるか。(略)

  設楽は初めての5区に怯まずに挑み、決して得意ではない上りで削りだした1秒で
 
 区間賞をつかみ獲った。(略)

  箱根駅伝とは・・・。 大津はその答えを端的に言い表した。

  「 啓太の走りを見たらみんな凡走はできない。

   実力通りというより チームで走ることで 実力以上のものが出た気がする」 (略)

   一人ひとりが残り9人の心に橋を架けたとき 初めて「1+1」は単純な算術でなくなる。

   その意味を身を以て示したのが、他でもない 口下手な鉄紺のエースだった。

   
 
 すごく素敵な記事ですよね。ライターさん ありがとう!


 


 で、Number Du のほうでは、「 私が今日も走る理由。」

というのをメンバー10人に答えてもらっていました。

 私服姿の写真も掲載されており みんなお洒落さんでした!



 質問の最後に「20年後 貴方は走っていると思いますか?」という問いがあり

悠太選手と啓太選手はそろって『 NO 』 と答えていました。

 ちょっと衝撃を受けました。でも正直でいいよね。正直な今の気持ち。

数年後には変化しているかも知れないし・・・。

 本当に今まで様々なことを犠牲にしたり、大きな責任を抱えたり感じたりして

競技生活を続けて来たんだものね。

 でも自分を見失わずに 実業団に進んで欲しい。

 啓太選手 走るのが好きだった頃のこと忘れないでね。そして強くなりたい気持ちも。
 
 悠太選手 強くなりたい 負けたくない 思い大事にしてね。
      (しかし 悠太は走るのはあまり好きではないらしい(笑))


 啓太選手が 「正直いっぱいいっぱいです・・・」と答えていました。

毎日いっぱいいっぱい努力している人間の器は 少しずつ大きくなっていきます。

ただ 故障に気をつけて。

 

 悠太選手も啓太選手も東京オリンピックを目標に競技生活を続けるようですので

私のジョギングもその頃まで・・・がんばれると良いなぁ。

( 昨年は3月ハーフの大会終了後 走らなくなったので。もちろん転勤もしたし。 

春先のモチベーションを上げるべく キレイな薄紫のパーカーを買っちゃいました。)



 実業団に進む4年生も後輩達も これからも(勝手に)応援しますからね~。
 

 本当に箱根駅伝での感動をありがとう!

 悠太選手 啓太選手 「 人は変われる 」 ということを

私に実感させてくれてありがとう。


 感謝しています! 

  



thank you





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://swan0509.blog79.fc2.com/tb.php/143-4aca70ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。