FC2ブログ
プロフィール

topeeche

Author:topeeche
FC2ブログへようこそ!
 南の島に住んでいた頃1日が25時間ありそうないきおいで、ブログを始めました。今は南の島に住んではいませんが、自分自身のルーツは南の島なので、タイトルはこのままでぼちぼち更新していきたいと思っています。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

南の島から~くじらのかたち~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花を生ける 人生を生きる
みなさん,こんばんは。暑い毎日が続いていますがいかがお過ごしですか?

夏ばてなどしていませんか。



独身貴族を長~く続けている中で,お稽古毎も多少はかじってきましたが,

20代から30代のあたまにかけては 『和』中心のお稽古事をあれこれ。

それから後はバレエ中心になりましたが、

一番古くから今でも休み休み続けているのは生け花です。


転勤族なので,(それもけっこう大移動してきた)

転勤するたびに同じ流派でも先生を変えねばならず,

門をたたいて見ても玄関先に生けてある花を見て踵を返したこともあり,

感性の見合う師匠と出逢うのも『縁』あってのこと。



今の先生との出逢いは15年前くらいになるだろうか・・・。

現在推定年齢80歳。

全てが同じとは言わないが,精神的に似通った一部分があり,

その部分がかなり似通っていると思いこんでいる私。

なので一人暮らしの先生のことを人事とは思えずにいる。



3年ぶりに本土復帰した今の職場から,先生の元に通うにはかなり労力を要するが,

月1回程度ヨレヨレになりながら,花を習うというよりは,ご機嫌伺いに通っている。



お茶の師範もされている先生の頭脳はかなり明晰であらせられる。

先生といると世代を越えて,いろいろなことを感じさせられ,

「 精神的に自立して生きる 」 お手本のような一面を垣間見ることもある。




お花に関しては,とにかく瑞々しい感性だ。

素材選びもできる範囲で妥協がない。

今は私一人のために自分の目で吟味して選ってきてくださる。



昨日の素材の組み合わせは,『風』と『涼』を感じさせとりわけ素敵だった・・・。



昨日は,丸ごと桃ケーキを手みやげにささげて行き,

先生がたててくださったお抹茶で一服していると

『もらっておくれ』と葛籠から花鋏を取り出してきた。




推定年齢80歳のお花の先生から,花鋏をいただくのはいささか重たい。

正直に言うと,あと7年から8年はお花に本腰は入れない。

踊ることで手一杯。心は躍ることを欲している。

しかし,もらわないわけにはいかない。






たかがお稽古事,されどお稽古事。




先生の深い思いに感謝しつつ,その思いにどこまで報いることができるかな・・・。










thank you






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://swan0509.blog79.fc2.com/tb.php/116-49480563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。