FC2ブログ
プロフィール

topeeche

Author:topeeche
FC2ブログへようこそ!
 南の島に住んでいた頃1日が25時間ありそうないきおいで、ブログを始めました。今は南の島に住んではいませんが、自分自身のルーツは南の島なので、タイトルはこのままでぼちぼち更新していきたいと思っています。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

南の島から~くじらのかたち~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンブルグ バレエ プリンシパル
ハンブルクバレエ団について。


なぜ,難解だと分かっていて,『 マーラー交響曲第3番 』 を見に行ったか。



フェリの引退公演のテレビ放映だったと思う,

ハンブルクバレエ団のダンサーが,『 マーラー 』 を踊っているのを見て

意味は理解できなかったけれど,強く惹かれた。

作品と,ダンサーに。そのカップルは当時,日本ではまだ有名でなかったと思うのだけれど

『 白鳥の湖のように 』 でまたそのカップルに出逢えた。


しかも,そのカップルは私たちが巡回で毎回踊る,馴染みのある, 

『 ルースカヤ 』 を演じてくれて,目が釘付けだった。

ノイマイヤーが振り付けているので,プティパの振りとは異なっていると思うが,

音にあった振り付け,それを見事に体現するダンサー。

『 プロのダンサーがカップルで踊るとこうなるのか 脱帽 』 といった感じ。

後で知ったのだけれど,男性はアレクサンドル・リアブコといって,

ロシア出身で,キエフとハンブルクで学んだダンサー。

女性は私生活でもご夫婦の,シルウ"ィア・アッツオーニ。




正直にいって,主役のカップルよりもこのカップルに心を奪われた!

特にリアブコは上背こそないけれど,

股関節の可動域が広くて,筋肉が柔らかい。すごいテクニックの持ち主と思われる。

ロシア出身らしく,基礎もしっかりとしていて美しい。

( ちなみに 『 ルースカヤ 』 はロシアの宮廷舞踊 )





舞台上は,ダンサーの私生活が見える・・・というのを聴いたり,

ダンサー自体が語ったりするのを読んだことがありますが,

以前は,「ステップを踏んでいるだけで,ダンサーの私生活や性格の何が見えるの?」

と疑問に思っていました。でもホントに垣間見える瞬間があります。

この男性のダンサーを見ていて,

絶対に包容力がある温かい人だと感じました。

あと,誠実で,精神に透明感があるかなぁ・・・と。

奥様であるアッツオーニが,雑誌のインタビューで(当時は結婚前?)

『彼が素敵に踊らせてくれるの』

というようなことを語っていたのを目にしたことがあります。



南の島に住んでいた3年間,プロのバレエの舞台を見ていなかったので,

そろそろ見たいな~と思っていました。

ギエムが鹿児島に来てくれるので,そのチケットはもちろんゲットしたけれど,

旅行しつつ鑑賞するとしたら,誰だろう・・・。


とネットで少し検索してみたら,

リアブコとアッツオーニの椿姫の映像を偶然目にした。



もう素晴らしかった。

オペラ座のダンサーが演じる椿姫(映像)は見たことがあるけれど,

( あと,ギエムのノイマイヤーの振り付けでないものも見た )

ハンブルグのダンサーが,演じるとこうなるの・・・

いや,リアブコとアッツオーニだからこんなにも惹きつけられるのだろう。



オペラ座のダンサーでは,

人間性よりも美しいスタイルに目がいってしまった椿姫。

正直,あまり面白いとは思わなかった。

(アニエス ごめんね。相手役の男の子が若すぎて消化不良気味だったものね。)




リアブコとアッツオーニからは,人間性・ドラマが伝わってきました。

『 ノイマイヤーの椿姫とはこういうものか! 』


短い映像で,人間性やドラマが伝わってくるなんて,凄いことだと思う。



そして,やっぱり,リアブコに目がいくんだよね・・。

一音一音の音の解釈も素晴らしいけれど,

役の掘り下げ方も素晴らしいけれど,

アッツオーニとのパが,素敵だった。

複雑なリフトも,音も外さず,二人の呼吸もピッタリ。

ピアノの旋律のまま流れるように演じて,踊っていました。

ルースカヤの時は,早い音になると,

気にはならないくらいでしたが,びみょ~に音がずれているシーンがありました。

『椿姫』はもっと難解であるにもかかわらず,

黒のパの場面では,一音も外していなかった。

すごい,カップルとして成長・成熟したんですね・・・。




音楽的で美しいリフトの連続。目を奪われました。

いつも,さりげなくアッツオーニに視線を向けてる。

男性がリードするのは当たり前かもしれないけれど,

舞台を成功させるためだけでない,パートナーへの思いも伝わってくる。

アッツオーニは幸せ者だ。




奥様以外のダンサーとも共演している椿姫の映像もありました。

リアブコ自身は変わらず素敵だけれど

奥様と踊るほど,リフトが流麗でなかった。




とここ数日,リアブコで心がいっぱいです。

( ある意味幸せ )





リアブコとアッツオーニ,二人の舞台が見たいな・・・。

いつか近い未来,会ってみたいな・・・。




では。よい一日をお過ごしください。



thank you


















 









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://swan0509.blog79.fc2.com/tb.php/115-840c1bf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。