FC2ブログ
プロフィール

topeeche

Author:topeeche
FC2ブログへようこそ!
 南の島に住んでいた頃1日が25時間ありそうないきおいで、ブログを始めました。今は南の島に住んではいませんが、自分自身のルーツは南の島なので、タイトルはこのままでぼちぼち更新していきたいと思っています。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

南の島から~くじらのかたち~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

板に乗る ( 舞台に立つ )
みなさん こんばんは。

夏休みに入るやいなや、島を離れ、発表会の練習に飛んで帰ったワタシです。


去年は毎年行われる発表会も、約2年に1回行われる公演も出演できずに

客席で鑑賞した私。

これまで、お稽古を始めてから、毎回発表会や公演に出演させていただいていたので

客席から改めて舞台を見て、先生の造り上げる舞台の素晴らしさを再認識した去年・・・。



だから今年は日程が苦しくても発表会に出たいと思った。



夏休みに入ると、子どもたちのクラスは発表会に向けてほとんど毎日お稽古する。

ちょうど子どものクラスと出演場面がかぶっていて、毎日6時くらいから『 音 』 がでるので

お稽古不足を補うために私も毎日お稽古に通った。

最初、振りが入って(覚えて)いないのと、

トウシューズも1年ぶりで、ぼちぼち慣らしてからとバレエシューズで踊っていると、

ある日を境に先生から、

「 トウシューズで踊るのだから、トウシューズを履いてお稽古なさい。 」と言われた。



『 「 音 」 にあわせて踊るときは、それが舞台だと思って真剣におやりなさい・・・。』

きっとそうおっしゃりたかったのだろう。



前日のリハーサルで子どもたちがばんばん転んだ。

床が汚れていたり濡れたりしているのではないかと心配になったが、

先生は子どもたちに きっぱりと


「 はい、本番でなくて良かったわね。本番だと思って真剣にやらないから、気がゆるんで滑るのよ。

板に乗る(舞台に立つ)時の心構えは、お稽古の時から本番だと思って真剣にすることよ!」



同じことは日々の生活にも言える。

舞台は人生を凝縮したものだと・・・。

プロのダンサーが 『 舞台の上では私生活が丸見え 』 と言っていた。

( ごく稀な人もいるかもしれないが ) 

普段がいい加減で、舞台だけ立派・・・ということはありえない。




舞台に立つときの心構えについては、今回初めて聴く話ではない。

お稽古場で何回となく先生が口にされていて・・・なんとなく聴いていた。

今回は1年間、お稽古と舞台から遠ざかっていたぶん

とても素直に耳から入ってきて、受け止めることができた。




先生の志は高く、それを理解してついていくことは難しい。



だけど、だからこそ、バレエは面白い。



今年の発表会は小品集と幕ものは「Sleeping Beauty」の抜粋。

私がいただいた役は花のワルツのコールドでした。

この話はまたいつか。



では、明日も1日頑張りましょうね!





thank you











 



























スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://swan0509.blog79.fc2.com/tb.php/100-64c04c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。