プロフィール

topeeche

Author:topeeche
FC2ブログへようこそ!
 南の島に住んでいた頃1日が25時間ありそうないきおいで、ブログを始めました。今は南の島に住んではいませんが、自分自身のルーツは南の島なので、タイトルはこのままでぼちぼち更新していきたいと思っています。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

南の島から~くじらのかたち~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いは届く
みなさん こんばんは。

春は出逢いと別れの季節です・・・。


そして・・・桜の花が美しい季節でもあります。



思いが少し 届きました。

形にして 返してくださった 東洋大学広報担当の馬橋様

本当にありがとうございます。

心から 感謝しています。

ありがとうございました。



thank you.


スポンサーサイト
設楽兄が男前な話
みなさん おはようございます。

いかがお過ごしですか?



非常に気っ風がよい女性の褒めことばに

最近よく「男前」ということばを遣うのですが

(身近な例では浅田真央ちゃん。男前というか・・・ハンサムな女性だと思っています。)

久しぶりに男性に遣いたくなった話です。



ソチオリンピックより 箱根駅伝の感動に浸っている人種がおりますが

ワタシもその一人です。

偶然いきあたった ツイッターの設楽botさんという方のツイートから

( お借りしますね )


  悠太がいたから頑張れた。主将になってから そう思うことが増えましたね。

  双子だけど やっぱり弟だから 自分が守らないとなって。


ソースはどこからか分からないのだけれど このことばに愕然となりました。

双子だよ。弟よりほんの数分先にしか生まれてきていないんだよ。

なのにこの深い思いは何なんだ。



設楽お父さんのブログでも 

   双子だけれど 周囲も自分も 何かあるときは 長男 次男として接するので・・・

的なことを書かれていました。


酒井監督も

   長男の方が責任感が強い。だから啓太に主将を授けた。




ホントに弟より数分先にしか生まれてきていないのだけれど

周囲もそう接してきたからかもしれないけれど

それだけでない 啓太の人としての優れた部分が透けて見える。




主将になってから・・・ということは この1年以内に語られたことばだと思います。

小さな頃から漠然とそう思ってきたのでしょうが

きっと親元を離れて大学生活を送るようになったときから

その思いが強くなっていったと(勝手に)推測します。


酒井監督が

   啓太のことばには 重みがある


ともおっしゃっていましたが 口ベタさんなので インタビューのときは

苦手なりに一生懸命話していることに好感が持てていましたが

ことばの重みについては伝わってきにくかった。

ですが 本当に 設楽botさんのツイッターで知ったこのことばは 深く心に沁みました。



多分・・・普段心の奥に秘めていることばが取材などの合間に

ポロッと落ちてくるんでしょうね。そのような時に発せられたことばかな・・・と。

口ベタなだけに 飾ることのないことば。 

心の中に 子どものままの 手付かずな キレイな部分が

たくさん残っているのだろうね。



悠太も
 
  啓太がいたから 自分もここまで強くなれた と。



高校まで ちょっと実力に差があった二人。

大学の4年間でかなり差は縮まったようですが 

それでも啓太が前にいることが多かった。



印象的だったのは 延岡のレースで 揃って27分台をたたき出したとき
 

  前しか見ていなかったので (離れたことがわからずに)
 
  ずっとついていると思っていましたね。

  ゴールしてすぐ後ろ(悠太)を確認しました。


と取材に答えていました。

動画をみると スパートの前かな 啓太が一瞬チラリと後方に目を向けています。

悠太を確認したんだと思います。 無意識だったのかな。



  前にいたのが 別の選手だったら あきらめていたかもしれません。

  啓太がいたから 自分もがんばれました。




27分台ランナーになれるかどうかは 大きい。




守るべき存在がいて 強くなった兄と

自分という存在を絶対的に守ってくれる兄がいて 伸び伸びと成長した弟



私はどちらかというと 悠太贔屓なのだけれど

設楽兄 本当に素晴らしい。

啓太が悠太のお兄ちゃんで良かった。

お兄ちゃんが しっかり守ってくれるから 悠太は悠太でいられるんだね。

お兄ちゃんが しっかり守ってくれたから 悠太は悠太でいられたんだね。



設楽兄 本当に男前。




昨日は東洋大の卒業式。

二人は別々だけれど 同じ道をいく。

啓太は心配ないけれど 啓太が近くにいなくて悠太 大丈夫かな。

・・・大丈夫だよね。
  



この先二人にどのようなことがあるのかな。

怪我や故障が少なく競技人生を全うできるように 

競技生活を終えた後の人生も幸せであるように と

願うしかできないけれど・・・。




悠太  啓太 いつも感動をありがとう。




thank you.









 


















フィギュアの神様Ⅱ
ソチオリンピックも終わってしまいましたね。

フィギュアに関して言えば なんともいえない オリンピックでした。



フジテレビで真央ちゃんの特番がありました。

どのような心境でオリンピックを戦ったのかを

非常に細やかに率直に語っていました。

その中で真央ちゃんが


「 メダルを持ち帰れなかったことは残念だが

 フリーの演技に満足している。

 二つのオリンピックを揃えれば 後悔はない・・・。」と。


真央ちゃんの心に悔いが残らなければ それでいい。

フィギュアの神様は メダルではなく 

彼女が希求し続けた完璧な演技を授けた。






久しぶりに 三浦しをんさんの 「 風が強く吹いている 」 を読み返した。

10人で箱根駅伝を目指す 現実にはありえない破天荒なストーリーだが 

非常に緻密で爽快な小説だ。

主将兼監督が10区を走るクライマックスにこんな回想シーンがある。

  最高のメンバーだ。俺がついに手に入れた。希望の形を見てくれ。

  故障し、もとのようには走れないと知ったとき、裏切られたと思った。

  全てを捧げたのに、走りは俺を裏切った、と。でもそうじゃなかった。

  もっとうつくしい形でよみがえり、走りは俺のもとに還ってきてくれた。

  うれしい。涙が出そうなほど 叫びたいほど 喜びで胸は満ちる。

  たとえ 二度と走れなくなったとしても。 こんなにいいものが

  与えられたのだから それで俺はもう 十分なんだ。 






オリンピック終了直後 真央ちゃんは

「 世界選手権に出ます! 」 と即答していた。

すぐに気持ちを切り替えて 前を向ける。

こういう時の真央ちゃんは 強い。


バンクーバーの直後も 悲しさや悔しさを胸に

「 出ます 」と即答していた。


お母様が亡くなられた直後の全日本にも出場した。



世界選手権ではショートもフリーも

真央ちゃんが心から納得できる演技をして欲しい。







thank you.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。