FC2ブログ
プロフィール

topeeche

Author:topeeche
FC2ブログへようこそ!
 南の島に住んでいた頃1日が25時間ありそうないきおいで、ブログを始めました。今は南の島に住んではいませんが、自分自身のルーツは南の島なので、タイトルはこのままでぼちぼち更新していきたいと思っています。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

南の島から~くじらのかたち~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロカン観戦!
みなさんこんにちは。オリンピックもいよいよ閉幕ですね。


私は昨日福岡で開催された国際クロスカントリー大会の観戦に行きました。


近頃 大好きになった設楽ツインズの弟の悠太選手が招待されたと数日前に知り

天気も良さそうだし ちょっと仕事で精神的に疲れたこともあり

気分転換もかねて思い切って出かけました。



本当にお天気が良くて クロカン観戦日和。

駅伝の応援だと一瞬で終わってしまいますが

クロカンは周回走なので応援がたくさんできました。満足。



東洋大学からは悠太選手と田口選手の2名のエントリーでした。

斎藤尚スカウト担当コーチのお姿も・・・。

他大学の選手はもう少し複数名で参加。






なかなか姿を現さなかったのですが コール後から直前アップまでにの短い時間

間近で見ることが出来ました。

びっくりするぐらい もっている雰囲気が柔らかでした。

ギャラリーの姿に少々照れている様子でしたが

ギャラリーを疎む様子もなく 「箱根を制した立て役者」といった奢った雰囲気もなかったです。



レース自体はオフ中の参加ということで 本来の走りではなかったですが 

やっぱり生観戦する価値は十分にありました。



華奢でした。ホントに華奢でした。でもふくらはぎの筋肉はしっかり。

もう少し上半身鍛えた方が良くないかな・・・。



大津選手と田口選手の背中は 薄いけどしっかりキレイにというか私好みに筋肉が付いている。

東洋の選手ではこの二人の背中が好きかな。

( 啓太選手は箱根ではランニングで走っていないのでよく分からない・・・ )





悠太選手はオフ中の参加だし 4月からは実業団・・・ということで

他大学からマークされることもありませんでしたが

田口選手は (おそらく大東文化大の関係者 コーチかな)

「 前 田口だぞ しっかり追えよ! 箱根でやられたばっかりだろ 」 

とマークされておりました。今思えば市田兄弟のどちらかか?

( ただ市田選手 鹿児島出身にもかかわらず 顔を覚えていない ごめんなさい )




田口選手も調整中か本来の走りではありませんでした。

噂では主将就任で挨拶回りが忙しく あまり練習を積めなかった とのこと。


でも 勇馬選手や高久選手が結果をだしているので

結果をださないといろいろ外野がうるさくて大変だろうな・・・と思った。


田口選手は生真面目で優しそうなイメージがある。

啓太選手もそんなイメージだったけれど チーム内では圧倒的な走力があったし

どこかゆるキャラな反面芯の強さがあった。



田口選手は今ちょっと停滞気味かな?

後輩の成長も著しいので重圧に負けず これからの東洋を支えて欲しい。




見かけて分かった選手は 駒沢の5区を走った馬場選手 日体大の山中選手 青学の一色選手

分からなかったのは 早稲田の高田選手。

みなさんお疲れさまでした。


あと ジュニアの高校生達も熱く頑張っていました。

シンプルだけど 『走る』って美しくて面白い。





いつか・・・本気で走る悠太選手と 啓太選手を生観戦したい。







thank you.








スポンサーサイト
フィギュアの神様
みなさん おはようございます。


ソチオリンピック とうとうオリンピックチャンピオンが誕生しましたね。

それも私の大好きなフィギュアスケートで。

羽生選手 おめでとうございます。

高橋選手 町田選手も入賞おめでとうございます。


数日前 今季初めてのメダルもスノーボード ハーフパイプの10代の選手たちでしたね。

10代の選手のフレッシュな活躍も嬉しいですし

上村愛子選手のようなベテランの選手の試合も感慨深いものがあります。




昨日・今日とテレビをつけっぱなしで寝ていました。

昨日は起きることができなかったけれど 今朝はちょうど高橋選手の演技の時に目覚めました。

高橋選手・羽生選手の演技はリアルタイムで観戦することが出来ました。


高橋選手の集大成の演技と羽生選手のオリンピックチャンピオン誕生の演技を

リアルタイムで観戦できて 幸せでした。


高橋選手は 本田武さんもおっしゃっていましたが

笑顔で演技を締めくくることができて 本当に良かった。

身のこなしの美しさ洗練度は やはり抜群でした。

ずっと見ていたいと思うスケーターです。



羽生選手は 演技自体は完璧ではなかったですね。


オリンピックに出場できるような選手は

『 なにか 』 もっている人だと思います。

その中でも オリンピックチャンピオンになれるのは

特別な 『 なにか 』 をもっている人だと思います。




羽生選手は 謙虚さや直向きさが演技を通して伝わってきます。

震災でつらい経験もたくさんしました。

被災地の方々の思いを背負い 競技してきた羽生選手。

グランプリ ファイナルを観戦したとき

隣にいらした宮城県のかたが

「 私たち 宮城県 復興はまだまだなの。

(行政よりも)荒川さんが帰ってきたほうが 復興が進むのよ。

私 弓弦くんの演技を見ると 元気になれるの。頑張ろう って思えるの。」



そのような羽生選手に

フィギュアの神様が微笑んだと思います。



今後オリンピックチャンピオンとしてどのように変化してゆくか楽しみです。




数日前 お稽古場で うちの先生が

「 私はフィギュアはあまり好きではないけど 

彼のザンレール(空中でのジャンプ・回転の姿勢)はキレイね 」

とおっしゃっていました。 で そこの部分に注目して見ていました。

今まで「4回転ジャンプ」としてしか見ていなかったのですが

ザンレールと思って見るとまた違った感覚がありました。

本当に回転軸が細くてキレイだと思います。

そして イナバウアーも美しかった。






フィギュアの神様 次は誰に微笑むのかな・・・。






thank you





酒井監督・設楽ツインズ・願掛け
みなさん こんにちは。いいお天気の休日でした。

体調不良気味で へろへろになりながら今朝もジョギング頑張りました。


今日は「見たい!」と思って気付いたときには見逃していた
深層ニュースの動画をupしてくださった方がいて
ありがたく視聴させていただきました。

今私がはまっている東洋大の酒井監督と設楽ツインズがゲストの巻。
酒井監督の選手の育成方針に関心があるので是非見てみたかった。

酒井監督はご自身もランナーでしたが 大学時代は目立った活躍はなく
(でも箱根ランナー)コニカに在籍中駅伝3連覇に貢献された・・・という経緯の持ち主。
だから いろいろな実力のランナーの気持ちが分かる監督と個人的に思っている。

監督就任初年度はレギュラーを固定せず「チャンスは平等に」とおっしゃっていたのが
印象に残っている。

今回?というか今年度?駅伝2位が5回続き 監督就任4年目となった今年は
(おそらく勝ちにいきたくて)レギュラーメンバーをある程度固定されたそう。
それでも 「ひとりひとりを見ている チャンスはみんなにある」ということを
ことばや態度で伝えるようにしてきた・・と。

監督のことばに背筋を伸ばし真剣に耳を傾けうなずく悠太・啓太の姿も好印象でした。



兄弟・姉妹で同じ競技を志すつらさはちょっぴり理解できる。
それも上の方が出来が良くて下の方が弱い その下の方の気持ちが分かる。
(でも兄弟で下の方が出来がよいと上はもっと辛いかな・・・)
だから設楽兄弟に関心をもったのかも知れない。(でも弟悠太は頑張った 頑張ってる)


テレビというかメディアはその切り取った場面でしか得られない情報があり
推測して誤解することもある。

監督が復路優勝直後のインタビューで
「啓太に五区をまかせようと思い最終的にそうしたけど 悠太には(五区は)絶対になかった」
と言い切ったシーンがあり
『 そんなにはっきり言ったら 悠太が傷つくだろ~ 』と思った。

がいろいろな雑誌を読むと 悠太はけっこう困ったちゃんだったようだ。
素質だけでそれだけ結果が残せているのだからまあ結果オーライなんだろうけど
監督からすると「素質はあるのに意識が伴わない まったく」といった感じだったのだろう。

啓太と悠太の育成の違いについては陸マガの大学駅伝決算号に記されている。
読むと興味深いし ランナーとして人として 違いを見極めて育てているんだなぁと。
これから酒井監督が育てた選手がどのように変化・開花してゆくか
楽しみでもあり 心配でもあるところです。
( 啓太・悠太 実業団でも順調に育って欲しい。) 

決算号でも啓太は褒められているけど 悠太は
「副将になったけど余り考えてなかった」と辛口・・・。
酒井監督 そんなことないですよ。彼なりに・・考えてたhず・・。
私は確実に悠太の変化を感じました。

二人は入学当初から素質を買われていたけれど
私は箱根を走った東洋の4年生4人の中の日下選手にも興味がありました。
日下選手は高校時代は無名だったけれど酒井監督と同郷のランナーで
酒井監督に声を掛けられ東洋に進学し
4年間練習に耐えて最後の年に大きな花を箱根で咲かせた選手です。
目に力があっていいなと思います。

設楽兄弟を目指す後輩も多いでしょうが
日下選手も後輩のお手本になる選手だと思います。


と ソチオリンピックが開催されているにもかかわらず
駅伝のことばかりですね。


箱根の五区で啓太が日体大の服部選手に1秒差で勝利した時
「啓太は (悠太もだけれど) 『何かもってる』 選手だ 」と思ったのと同時に
この1秒は本当に公正な一秒で たった一秒でも勝ちは勝ち負けは負け・・・。
その一秒に涙する学生スポーツは本当に清々しい と心から思った。
本当に思った。


そしていかにこれまでのフィギュア観戦でもやもやしていたか・・・に気づかされた瞬間でもあった。


五輪はメンタルが勝敗を大きく左右する。




ジョギングを始め 土日のどちらかは10円玉をポケットに忍ばせ
神社コースを走るようにしています。

真央ちゃん,悠太 啓太 その他の(関心を抱いた)スポーツ選手の皆さんや
又は甥っ子姪っ子 出逢った人たちが
競技人生やこれからの人生を全うできますように・・・と最近は願を掛けています。




thank you










ロードと箱の中
みなさん こんにちは。

今日もいいお天気でしたね。もう 「 春 」 の陽気でした。
( また 寒くなるのだろうけど )


昨日と今日は休日のジョギングコースを走り

そして 放送大学の試験へ・・・。

いいお天気なのに 箱の中・・・。



走り初めてから 精神的にいいです。

今回は 単純に箱根駅伝に感動して走っているだけで

「 大会に出る 」 という目標もないのだけれど それがまた良いのかも。



そういえば シドニーオリンピックの前

高橋尚子選手のオーラに触発されて なんとなくジョギングを始め

シドニーオリンピック後は高橋尚子選手の金メダルに感動して

フルマラソンにチャレンジしたっけ・・・。

( 有森選手の時も感動したけれど 何かしら行動に移すまでには至りませんでした )



高橋尚子選手は 「 普通 」 の感覚がたくさん残っている選手だったように思います。

全く無名な選手が 小出監督との出逢い?から急速に力をつけ 

オリンピック選手になり 金メダルを獲得した。

彼女の走りは本当に爽やかでした。



設楽兄弟も 走ることに(半端なく)秀でてはいたけれど

それ以外は 普通?の学生さん?

酒井監督がランナーとしてもっと成長するために

人として強くなることを願って 主将と副主将に抜擢してから1年。 


精神的な成長がブラウン管を通してお茶の間に伝わってくるって凄いことだし

そのお茶の間の一視聴者を 感動させただけでなく 

何かしら行動に移させる エネルギーを届けてくれたことに 感動して感謝しています。



どうして行動に移せたのかな?と考えたとき

身近に感じられる人の変化・成長は

「 自分ももしかしたら・・・ 」 って思えるから・・・なのかな。



「 私も変わりたい 成長したい 」 と思った私の心と 

設楽兄弟の変化・成長がシンクロしたから・・・なのかな。



とりあえず 走っています。 




設楽兄弟 酒井監督ありがとう。




ロードを走っていると

いろいろな思いから解き放たれる瞬間みたいなものがあります。

箱の中の出来事に囚われがちな毎日を リセットしてくれる。




話は変わるけれど もうすぐソチオリンピック。

フギュアスケートの神様は必ずいると信じてる。

真央ちゃん 頑張れ!






thank you.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。