プロフィール

topeeche

Author:topeeche
FC2ブログへようこそ!
 南の島に住んでいた頃1日が25時間ありそうないきおいで、ブログを始めました。今は南の島に住んではいませんが、自分自身のルーツは南の島なので、タイトルはこのままでぼちぼち更新していきたいと思っています。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

南の島から~くじらのかたち~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネルギーをもらう
みなさんこんばんは。

私の尊敬してやまないsylvie Guillemが鹿児島にやってきました。


チケット発売日に劇場に並んでチケットを入手し 

楽しみにしていたはず・・・だったのに

いろいろゴタゴタがあって 舞台を鑑賞するのに気力を振り絞った今日。


最初は東京バレエ団のエチュード。

地方公演だからか・・・若手がキャスティングされていた模様。


見る目だけは肥えてきた・・・。


バランシン先生の振り付けを楽しみに鑑賞。

終盤に向かって畳みかけてくる演技は素晴らしいと感じました。


次にマッツ・エックのカルメン。

やや難解な面もありましたが、「オッ」というムーブメント有り。



そしてギエム。

最初走り込んで?登場してきたからか 拍手のタイミングを逃した。

しまった~。

これでギエムのステージは4回目。


2010年 東京で見たギエム。

クラッシックもコンテもこれで見納めかと思った。

だけど・・・鹿児島にギエムが来てくれるなんて・・・。

生ギエムにしばし感動。


それからはマッツ・エックの作品を少しでも理解しようと

一生懸命舞台を見た。

エックの作品は、ギエムの特徴であるジャンプやデベロッペの高さで魅せる振り付けは少ない。

つま先の鋭利な美しさ、つま先の自己主張、アチチュードが描く孤の美しさに惹かれた。

帰宅してからパンフレットをじっくり読んだ。

そうだね・・・普通のちょっとアバンギャルドな女性を演じてたかな。





今日、ギエムのステージを鑑賞するにあたって

時間休をわざわざとり 心を落ち着けて会場に向かった。


親日家で陶芸をたしなむギエムにいつか差し上げたいと漠然と思っていた

肥後釜のコーヒーカップ。(たしか3年前に購入)

それとお手紙を携え、会場入りした私。


出待ちのときに渡せるといいなぁ・・・と思っていたが

カーテンコールでギエムを見たとき

「ああ 今日の演技に満足しているだろうな。

鹿児島の観客にもきっと感謝しているだろうな。」

という感じがした。

「もしかして 今(カーテンコールの時)渡せるかも。」

と思いおそるおそるステージに近寄ってみた。

微笑みが優しい。きっと大丈夫。受け取ってもらえると確信して

おずおずと差し出した。

目があった、プレゼントを渡した。握手ができた。


舞台の上のギエムは圧倒的な存在だ。

なのに、役を演じ終えると

はにかみやで恥ずかしがり屋の少女の面影をのこす大人の女性の素顔に戻る。

最初熊本でボレロを見たときと変わらない。



カーテンコールで大満足できた。

もうこれで今日は帰ろうと思った矢先に

同じバレエ教室の顔見知りと遭遇した。

何気なしに出待ちを誘うと 一緒に並んでくれた。



劇場が閉鎖される直後 ギエムは姿を見せた。

やっぱり変わらない。

ちょっとはにかんだ笑顔。快くファンのサインに応じ 今回は写真にまで・・・・・。


キャ~。



なんかね~。嬉しくてね~。

こんな大スターがね~。いいのかね。サービスしすぎ。


気持ちが高揚してね。

「ギエムに会えた。明日から(バレエも仕事も)頑張ろう!」

と心から思えたよ。嫌なこと吹き飛んだ。



ベジャールはかつて ギエムの踊りからエネルギーをもらう・・・といっていたが

うんうん。

今回私は、ギエムの舞台の表と裏の両方からエネルギーをもらえたよ。

このエネルギーは誰かに伝えるからね。



ギエム 鹿児島にきてくれてありがとう。

本当にありがとう。




One day One life, Every day New day.


thank you.













スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。