プロフィール

topeeche

Author:topeeche
FC2ブログへようこそ!
 南の島に住んでいた頃1日が25時間ありそうないきおいで、ブログを始めました。今は南の島に住んではいませんが、自分自身のルーツは南の島なので、タイトルはこのままでぼちぼち更新していきたいと思っています。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

南の島から~くじらのかたち~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

time will tell・・・
みなさんこんばんは。土曜日の夜ですがいかがお過ごしですか?

ここ最近週末はフィギュアスケートのブログや動画を観て楽しんでいるワタシです。

動画では主にアイスダンスを楽しんでいますが、

ブログなどを拝見していると、

「佐藤由香のステップに幕張が湧いた日、語り継がれる伝説のステップ!」

とかいう懐古的な文章を読むと気になって・・・

動画を探して観たりしています。

インターネットって便利ですね。

佐藤由香さんの選手時代をあまり存じ上げないのですが、

荒川静香さんを始め、(国内及び国外の)様々な方が由香さんを

『 スケーティングの美しい選手 』 と絶賛しています。

素人には分かりにくい

『 スケーティングの美しさ 』

由香さんの映像を見て勉強することでした。



時代を経ても美しいものは美しい。

いや、時代を経るからこそ美しいものしか観る人の心や歴史に残らないのかもしれない。



現役の選手は、ユーチューブなどよりも、

地上波観戦ですが、試合をリアルタイムで鑑賞・応援するほうが楽しいので

あまりネット検索して動画を観ることはしないのですが、

浅田選手のファンなので、浅田選手関連のことは

ブログやニュースで目にするとついつい覗いてしまいます。


そこでよく目にするのが 『 フィギュアスケート八百長疑惑 』

お隣の国の選手の疑惑です。

様々な角度から八百長を検証しています。

ステップ、ジャンプ、スピン、スパイラル・・・

一つ一つを見比べると、本当に疑惑は高まります。

ついには顔の整形疑惑まで・・・ありますよ・・・。



指摘を受けた部分を意識しながら試合の動画を見ると

(特ににこにこ動画は動画と共に投稿したコメントが映し出されるので分かりやすい)

粗ばかり見えてしかたがないので、感動も魅了もされない。



でも、あのバンクーバーオリンピックでは確かに彼女の演技にも魅了されたんだよね。


では、何に魅了されたのだろうか?

あのスピードから繰り出されるジャンプかな。

あと顔の表情?アイラインを入れたアーモンド型の大きな瞳?


冒頭にもの凄いスピードでトリプルのコンビネーションを跳んでくるので

今まではジャンプの種類の少なさや

スパイラル、ステップの善し悪しなどを感じたことはあまりなかった。

まぁスピンの軸足が真っ直ぐでないことと

演技構成にあまり変化がないことは感じてはいましたが・・・。



スピードで煙に巻かれていたのかな。



ただ、このようなサイトを覗いていると

人の心の闇の部分を反映しているような気がするので、

極たま~に覗くようにしています。

で、覗いた後は美しい動画を見て心の闇の部分を封印し、

心を整えてPCを閉じるように心がけています。



何が本当なのかは、今はまだ分からない。



リレハンメルでアイスダンスを制したカップルは

一度引退を考えたものの

『 人の心に残る、記憶に残る演技をしたい 』

と現役を続行し、世界選手権を4連覇、長野オリンピックでも優勝を飾りました。

リレハンメル以降も素晴らしいプログラムを演じ、

彼らがそう望んだように、時代を経ても今なお語り継がれる存在になっています。


人の記憶は移ろいやすく、いともたやすく忘れ去られる反面

素晴らしいものは後世までも名を残す・・・ということを

競技生活を通して痛感していたからこそ研鑽し、実現できたことなのでしょう。




時代を経なければ分からないことがたくさんあるような気がします。

それはフィギュアスケートに限ったことではないのでしょうが。





では、明日も素敵な一日になりますように。





thank you




































スポンサーサイト
アイスダンス
みなさん こんにちは。

休日でしたが、いかがお過ごしでしたか?


昨日、お顔のお手入れに行きました。

そこではいつも、若いエステティシャンの女の子に

くだらない話を聞いてもらって、心身共にリフレッシュしてもらっています。

最近は昔のアイスダンスの動画にはまっていて、

今更だし、南国だし、スケートはできないから

社交ダンスを習ってみたい! と話したら やっぱり笑われました。


とにかく昔のアイスダンスは、今のアイスダンスとちがって

本当に氷の上でダンスしてる!

上手いカップルになればなるほど、見ていて楽しい。


今でもアイスダンスとペアはロシアが強いと思いますが、

昔のロシアはもっと凄い!

紛れもなく昔のバレエはロシアが一番!という時代があり

そのバレエの振り付け師が、フィギュアや新体操の振り付けにも関わっていて、

演技構成が素晴らしい!

20年~10年近く前のアイスダンスを見ても、斬新だと思えるナンバーがあって感動します!


そして・・・私、キリアン(バレエの振り付け師)を知ったのは

ここ5・6年くらいなのですが、1998年の長野オリンピックいやそれ以前にも

フィギュアの中にキリアンの振り付けを取り入れたナンバーがあると知ってびっくり。

でも・・・というかやっぱり・・・というかキリアンは難解で、

そのキリアンのカルメンを演じたロシアの若手のカップルは2位で

私の大好きなロシアのベテランカップルが演じた、タラソワ女史の振り付けた演技が

オリンピックでは金メダルでした。


ちなみに私はキリアンの「優しい嘘」を初めてテレビで観たとき

曲の荘厳さを見事に表現した振り付けと

日本人では絶対に踊りこなせないヨーロッパのニュアンス?というものを感じて

目が釘付けになった事を覚えています。



話はごちゃごちゃになりますが、

あるバレエダンサーが、

「 舞台の上で表現するということは、私生活をすべてさらけ出すのと一緒だ! 」

というようなことをいっていました。

その時の私は、

「 ダンスには振り付けがあって、その振り付け通りに踊るし、演じる訳だから・・・

若干個性はでるかもしれないけれど、私生活が分かるのかなぁ・・・」

と思っていました。


それから・・・映像が主ですが、様々なバレエやフィギュアを鑑賞するようになって、

私生活が垣間見える一瞬というか、その人の素が見える一瞬を感じるようになりました。


ダンスは圧倒的に男性が女性をリードすることが多いのですが、

女性が生き生きと踊っているとき、

「 この相手の男性のダンサーはきっと優しい人だろうなぁ 」

と思うことがたまにあります。

そういうカップルはたいてい私生活でもカップルなのが後日判明するのですが、

私の大好きなアイスダンスのカップルだけは違っていて

大の大の犬猿の仲だったそうです。



しかし、二人が演じている映像を見る限り、

男性はいつも確かな技術と優しい心で女性をホールドしていたと思います。

「 この人(男性)、誠実だろうなぁ、優しいだろうなぁ・・・。

でもちょっと優しすぎて気が弱いかなぁ・・・」

なんて思いながら映像を見て楽しんでいます。


女性は奔放な性格が超魅力的だし、

奔放な中にある繊細さが見え隠れして・・・やっぱり素敵です。




平日に動画を観ていて、

(ついつい毎日観ていた時があり)寝不足になったので、

最近は週末を心がけていますが、

私のアイスダンス マイブームはまだまだ去りそうにありません。



支離滅裂になりましたが、

明日は月曜日。お仕事頑張りましょう!



thank you






























希有な存在
みなさん こんばんは。

ご無沙汰でしたね・・・・・。

姪っ子が生まれたこと、ローザンヌ、四大陸etc・・書きたいことはいろいろあったのですが、

タイミングを逃して、逃して・・・。



帰るたびに以前通っていたバレエ教室に

ついついお邪魔して、(無料で)お稽古して帰るのですが、

2月に公演を控えているので、邪魔にならないように

初心者クラスのお稽古始めにコソコソ?紛れ込んでみました。

初心者クラスといえども生徒さんは多く、先生は視力が悪いはずなので、

バレないかな・・・最後にあいさつして帰ろうと策を練っていたのですが、

「 そこにいるのは○○さんじゃあなぁい? 」

とお稽古開始前にすぐに見つかってしまいました。



公演を見に行くには日程と予算が厳しく、

広告をとって差し上げようと考えていたのですが、

先生のつぶらな瞳に見つめられ、

「 是非 2月は観にいらしてね! 」

といわれたら頷かないわけにはいかず、

頷いてしまったが最後、先生に嘘はつけないので、

予算をやりくりして修学旅行からヨレヨレになって帰省したその1時間後、

再び機上の人となりました。



『 公演 』 となるとたくさんの人々が関わってくるので、

その都度様々な人間模様を呈するのですが、

今回も一筋縄ではいかないドラマがあったようです。


そんな中で、先生はどのような舞台に仕上げるのかな・・・

と思っていましたが、見事に杞憂に終わりました。



かなり初心者の方も舞台に立っていたのですが、

先生が磨き上げて舞台に載せたら、見違えるようであらびっくり! 


以前同じクラスでお稽古していたキャリア組が

ソリストになって登場してきた時は、びっくり感動!!


小さい頃からお稽古場で見ていた少女が大人の女性へと

美しく変化していく姿を目の当たりにしてまた感動。


自分がお稽古していたバレエ教室(団)の公演は、

涙なくして語れない・・・。


みんないろいろな思いを抱えながらお稽古して、仕事して、お稽古して

お稽古して・・・舞台に立つ。



アマチュアとはいえども、舞台芸術の道は厳しい。



今まで、出演するばかりで自分のバレエ団の公演を見るのは

昨年の発表会に引き続き2回目。


感じること、学ぶことがたくさん。



それにしても出演者の魅力を最大限に発揮させて

舞台を輝かせることが出来る

先生の指導力は本当に素晴らしい。



白鳥マジックの真骨頂というべき舞台でした。



しかし、この年齢になって

嘘をつくことができない相手が存在することは希有なことかもしれない・・・。






thank you 






































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。