プロフィール

topeeche

Author:topeeche
FC2ブログへようこそ!
 南の島に住んでいた頃1日が25時間ありそうないきおいで、ブログを始めました。今は南の島に住んではいませんが、自分自身のルーツは南の島なので、タイトルはこのままでぼちぼち更新していきたいと思っています。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

南の島から~くじらのかたち~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっと・・・。
みなさん おはようございます。 
休日ですね。今日はどこか出掛けられるのかな?


6月 愛知県で陸上の日本選手権が開催されました。
日本で開催される 一番大きな大会です。
今年は オリンピックイヤーということで どの選手が勝ちを手にして
オリンピックに選出されるのか・・・関心の高まる大会でした。


応援している 大好きな選手が揃って出場するので 観戦に行きました。



そこで目にした 忘れられない光景・・・




どの選手も オリンピックのスタートラインに立ちたくて
必死に練習を重ねて 日本選手権のスタートラインに立つ。
その舞台で 練習の成果を もっている能力を 発揮できない
本来の彼とはかけ離れた姿を見た。


私の目には 心と身体のバランスが悪いように見て取れた。


もう片方は 大きな大会にピークを合わせる天才的な勘というか才能の持ち主で
今回も外さず 入賞したけれど 喜びに浸りきる気持ちになれなかった。


いつも 彼らには何らかの伝えたい思いがあって
小さな嵩張らない贈り物にメッセージを添えて それを携えて観戦に出かける。

渡せるときもあれば渡せないときもあるけれど 
sns仲間と ワイワイしながら選手を待つことも楽しい。


今回は 旅立つ直前に前回渡すことができなかったメッセージを読んで
書き直すかどうか考えた末に 新しいメッセージを少し加えて 携えていた。


だけど・・・その光景を目にした私は
もう片方の授賞式を見届け 
今回は静かに立ち去ろうと競技場の階段を降りた。




階段を降りたその横の空間にいた 彼が視界に入った。



後輩と二人で ファンに求められるままにサインをしていた。


私は 一瞬怯んだ。
怯んで目を逸らして通り過ぎた。
今彼はそっとしておいて欲しいと思っているのではないか・・・と。

うるさい ミーハーなファンと思われたくない とも思った。



だけど どうしても気になって 振り返ってよく目を凝らして見た。
彼がサインをしていたのは 陸上競技に携わっていると思われる
中高生の男の子たちだった。
いつもたくさんいる女性ファンではなく・・・陸上少年たち。


どんな結果に終わろうと 彼を慕ってサインを求める陸上少年がいる。


そのことに ふと心が動いた。
彼が立ち去らず そこにいるのであれば
良いときばかりではなく こういうときにも
声をかけて良いのではないか・・・
この携えたメッセージは 今の彼に届けることがbetterなのではないか・・・と。



3人の男の子たちが 順番にサインをもらい 一緒に写真を撮ってもらっていた。



彼のファン思われる女性が ほんの数人 少し離れたところにいた。 
私はその男の子たちの後ろにそっと並んだ。

男の子たちにサインをし終わったら 立ち去るかもしれない・・・
と思ったけれど そんなこともなく彼は応対してくれた。


大好きな選手と 真正面から向いあうのに すごく勇気がいる。


あの少年たちのように 無邪気に サインや写真は求めないと決めて
彼の前に立った。
そして 意外と落ち着いて言うことができた。


『 いつも応援しています 』 と。


『 握手をしてください。 』 と言うと 
半歩さがって 少し笑って そっと手を出してくれた。

そのほっそりとした 長く美しい手に触れた。





『 頑張ってください 』





これ以上ないくらい頑張っていると分かっているのに
月並みなことしか言うことができない自分がもどかしかった。



短い会話が終わって 私は歩き出した。



その半歩さがった意味と その笑顔の意味を考えながら・・・



初めて競技場で 彼に声を掛けた光景を思い出した。
その時 すごくはにかんだ笑顔が印象的だった。


だから・・・さっきの笑顔はつくり笑いじゃないよね。
少し笑顔になってくれたことを 喜んでいいんだよね。


いつも思いを込めて書いているメッセージが
なんだかの形で 少しでも 響いていることを願いながら
競技場を後にした。



この瞬間は私にとって とても大切な瞬間だった。
神様がくれたご褒美。


こんなに心から 応援できる誰かがいるって 幸せなことだ。 



伝えたい思いがあるななら
それがその人に必要なら
きっと 届く。そう信じてる。 



5大会連続2位が続いた後
どん底から 真摯に 懸命に 前を向いて勝利を引き寄せた 
あの走り あの笑顔 あの感動。
ずっと心に残ってる。

だから今この状態を乗り越えた先の彼の笑顔を想像する。
もっと強くなって 戻ってくる。
そう信じて応援する。




いつも 感動と勇気をありがとう。





最後まで 走り通したその姿 忘れない。
きっと 次につながる・・・。






thank  you






















































スポンサーサイト
金栗記念2016
被災された熊本の皆様 1日も早く復興できることを願っています。



今月の2日土曜日に熊本で開催された 陸上の試合を観戦に行きました。

競技場の側にある桜がちょうど見頃で美しかったです。



金栗記念の観戦が 今年で3回目になりました。

大好きな双子のランナーが毎回エントリーされている大会です。

金栗初観戦は弟君だけの参戦。初めてトラックを走る彼の姿に感動して

フワッフワの笑顔に癒された。

2回目は兄弟揃っての参戦。兄と弟 それぞれの思い・・・

意地と意地のぶつかり合いを超至近距離で観戦できて

ファンとして心に残るレースでした。

この時は お兄ちゃんは日本人トップ。

ラストスパートで弟は置いて行かれた・・・。



3回目の今年も兄弟揃っての参戦でしたが

兄弟それぞれ調整中のレースだったようでした。



いつも 九州であるレースを観戦するときは

メッセージを書いて持って行く。

手渡せるかどうかは 分からないけど

兄と弟 それぞれに届けたい思いがある。

どちらかというと 弟よりだけれど

二人とも応援している。だから メッセージはいつも二人分。

昨年は兄に手渡すことができた。

今年は弟に手渡すことができた。


そして・・・何回か手渡すことができた中で

今回の弟君の 「ありがとう」 は今までの中で

一番声が大きくて ちゃんと目も見てくれたぞ!


更に 私のサインペンで何人かサインした後

(サインペン 私の・・って覚えてるかな?って心配してたら)

ちゃんとキャップを閉めて 私の方を振り返って

(非言語だったけど)「ありがとう」ってジェスチャーして

返してくれた。



すごくささやかだけど 繋がった気がして

伝えたいことが伝わってる気がして

気持ちが温かくなった。



今年はオリンピックイヤー。

どの選手がその切符を手にするのだろう。

彼らが追う夢を 

同じ時代に生きて この目でしっかりと見届けることができる。

世界の舞台に立つために 一歩一歩 一走一走努力する。

その姿に一喜一憂させられる。

こんなにも心を動かされる存在に出逢うことができて

とても幸せで 心から感謝している。



二人が走る歓びに包まれるように

いつも願っている。



thank you















リレーカーニバルⅠ
みなさん こんばんは。

もう今日が終わり 明日になりましたが いかがお過ごしですか?


週末は 兵庫リレーカーニバルの観戦に行きました。

ずいぶん前に 設楽兄弟が招待選手になっていることを知り

兄家族もいることだし お墓参りをかねて観戦しようと思い切符をとりました。

しばらくして お兄ちゃんは不参加・・・ということが分かったのだけれど

まぁ 『 悠太さんに縁がある 』 と思い神戸へ向かいました。



ユニバは広かった。 今回は寒さ対策もバッチリで

ウロウロせずに観客席から観戦。



競技直前 悠太さん トラックに3番手くらいに入ってきてアップ。

『 飛び込んできた 』 という感じがしたので

気合いが入っていたと 私には感じられた。




いつもだったら 『 えっ この位置でいいの 』 というポジション(後方)に

いることが多い悠太さん そこから徐々にあげていくのだけれど 

今日は序盤から突っ込んでいた。



『 PBを更新したい 』 といっていたので 狙ったのだろうか?

いつもと違うレース展開を試みたのか?

心と体がうまくかみ合わなかったのか?

後半は失速してしまった。



祈るような思いで レースを見ていた。

結果は良くても悪くても 見守っていく。




次のレースは 種目は異なるけど お兄ちゃんと一緒だね。

一緒の方が やっぱり緊張がほぐれるかな。







悠太さん 今日も大きなエネルギーをありがとう。


貴方の走る姿を この目で見ることが出来て良かったよ。









thank you.









クロカン観戦!
みなさんこんにちは。オリンピックもいよいよ閉幕ですね。


私は昨日福岡で開催された国際クロスカントリー大会の観戦に行きました。


近頃 大好きになった設楽ツインズの弟の悠太選手が招待されたと数日前に知り

天気も良さそうだし ちょっと仕事で精神的に疲れたこともあり

気分転換もかねて思い切って出かけました。



本当にお天気が良くて クロカン観戦日和。

駅伝の応援だと一瞬で終わってしまいますが

クロカンは周回走なので応援がたくさんできました。満足。



東洋大学からは悠太選手と田口選手の2名のエントリーでした。

斎藤尚スカウト担当コーチのお姿も・・・。

他大学の選手はもう少し複数名で参加。






なかなか姿を現さなかったのですが コール後から直前アップまでにの短い時間

間近で見ることが出来ました。

びっくりするぐらい もっている雰囲気が柔らかでした。

ギャラリーの姿に少々照れている様子でしたが

ギャラリーを疎む様子もなく 「箱根を制した立て役者」といった奢った雰囲気もなかったです。



レース自体はオフ中の参加ということで 本来の走りではなかったですが 

やっぱり生観戦する価値は十分にありました。



華奢でした。ホントに華奢でした。でもふくらはぎの筋肉はしっかり。

もう少し上半身鍛えた方が良くないかな・・・。



大津選手と田口選手の背中は 薄いけどしっかりキレイにというか私好みに筋肉が付いている。

東洋の選手ではこの二人の背中が好きかな。

( 啓太選手は箱根ではランニングで走っていないのでよく分からない・・・ )





悠太選手はオフ中の参加だし 4月からは実業団・・・ということで

他大学からマークされることもありませんでしたが

田口選手は (おそらく大東文化大の関係者 コーチかな)

「 前 田口だぞ しっかり追えよ! 箱根でやられたばっかりだろ 」 

とマークされておりました。今思えば市田兄弟のどちらかか?

( ただ市田選手 鹿児島出身にもかかわらず 顔を覚えていない ごめんなさい )




田口選手も調整中か本来の走りではありませんでした。

噂では主将就任で挨拶回りが忙しく あまり練習を積めなかった とのこと。


でも 勇馬選手や高久選手が結果をだしているので

結果をださないといろいろ外野がうるさくて大変だろうな・・・と思った。


田口選手は生真面目で優しそうなイメージがある。

啓太選手もそんなイメージだったけれど チーム内では圧倒的な走力があったし

どこかゆるキャラな反面芯の強さがあった。



田口選手は今ちょっと停滞気味かな?

後輩の成長も著しいので重圧に負けず これからの東洋を支えて欲しい。




見かけて分かった選手は 駒沢の5区を走った馬場選手 日体大の山中選手 青学の一色選手

分からなかったのは 早稲田の高田選手。

みなさんお疲れさまでした。


あと ジュニアの高校生達も熱く頑張っていました。

シンプルだけど 『走る』って美しくて面白い。





いつか・・・本気で走る悠太選手と 啓太選手を生観戦したい。







thank you.








箱根駅伝 東洋大学 追記
みなさん こんにちは。

今日は朝からズームインサタデーを見て ほくほくしていた私です。

昨日箱根駅伝で優勝した東洋大学の方々が生出演しておりました。


昨日 ネットでいろいろ検索していて 間違えた箇所などがあったので追記と補足です。



設楽兄弟は大学1年の頃から箱根を走っておりました。

あと びっくりしたのは 二人は二卵性双生児だそうです・・・。

酒井監督曰く 「 年々骨格も走り方も違ってきている 」 そうで

一卵性双生児と思い込んでいたので・・・。本当にびっくりです。




酒井監督。いつも テレビで拝見して 酒井監督は 『 若いなぁ 』 と思っていたのですが

今回は少し・・・年齢を重ねた印象を受けました。

ネット検索してみると 柏原選手在籍中に東洋大の監督として就任されており

柏原選手が去った後 監督としての本当の力量が試されるだろう・・・という世論でした。

昨年箱根の優勝を逃し 5大会連続2位という結果で 

精神的な疲弊が大きかったのだろうと推察します。



今回 選手起用が光りましたね。

後輩も育っているようですし これからも東洋大の活躍が楽しみです。




東洋大の選手 どの選手も素直な今時の好青年といった印象でした。


来年はどの選手が活躍するかな。

怪我に気をつけて。


本当に新春から爽やかで 清々しい感動をありがとう!



東洋大の選手以外でも

いろいろな思いを抱え 力走する選手の皆さんに 感動をもらいました!



これから 箱根だけでなく 大学マラソンをチェックするように

心がけます(笑)




thank you

















今後の活躍に期待したいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。