FC2ブログ
プロフィール

topeeche

Author:topeeche
FC2ブログへようこそ!
 南の島に住んでいた頃1日が25時間ありそうないきおいで、ブログを始めました。今は南の島に住んではいませんが、自分自身のルーツは南の島なので、タイトルはこのままでぼちぼち更新していきたいと思っています。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

南の島から~くじらのかたち~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤高の白鳥

みなさん おはようございます。


「孤高の白鳥」であると同時に「至高の白鳥」でもある

ロパートキナの映画を鑑賞してきました。



『愛とは所有するだけのものではない』

心に響きました。


本当に知性と気品と静かな情熱に溢れたダンサーです。



thank  you


スポンサーサイト
海老蔵という人 『 利休にたずねよ 』
9月頃だったか ナイナイの岡村さんが歌舞伎に挑戦する番組があり

面白く拝見した。

岡村さんのチャレンジ番組は結構好きだが、

今回の歌舞伎はこれまでと違い難しいだろうと思いつつ見ていた。


その中でふとした海老蔵さんの仕草に目が奪われた。

ちょっと手を首を傾げただけで その時の役である花咲じじいにでてくる犬になった。

これまで 海老蔵さんというと 週刊誌を賑わわせるイメージしかなく

本業でのお姿を拝見したことがなかったので ハッ とした。

意外とすごい役者なのではないかと。



映画では まず 織田信長が良かった。

誰かと思ったら 後日 「大河ドラマ 龍馬伝」 

で高杉晋作役で出ていた人だったと知り 納得。

あのときも鮮烈でした。


その織田信長に初めて拝謁するときの利休演じる海老蔵さんから漂う雰囲気が

なんとも言えず深く印象に残りました。

恭しい,初々しい,気恥ずかしい,そしてそこはかなく漂う色香・・・。

利休さんは信長の茶頭を務めるくらいだから魅力的な人間だったんだな・・・と。

その人としての魅力を一瞬で感じ取らせられる海老蔵さん,やっぱり何気にすごいのでは。

そして、いつもの目力を消して伏し目がちなのも印象的でした。



利休が愛でた 美しいもの風流なものも映画では堪能できしました。


親子共演も良かった。

偉大なお父さんですね。市川団十郎さん。

団十郎さんに惜しみなく愛され,芸を仕込まれた海老蔵さん。

これからのご活躍も期待しますぞ!




うん。面白い映画でした。






thank you







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。